シグブラ
第139回:“60-600mm 1本で半島ブラブラ

第139回:60-600mm 1本で半島ブラブラ

October 25, 2018

フォトキナで発表された新レンズ「SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」。標準域から超望遠域までの広い画角を1本でカバーできる素晴らしい高倍率ズームレンズだ。今回は SIGMA sd Quattro H にこの新レンズを装着して、横須賀から三浦半島をブラブラと南下してみた。まずは横須賀港に停泊している艦船を手持ちで狙ってみることに。このレンズ、スペック的には重量があるのだが、バッテリーグリップ PG-41 を装着した SIGMA sd Quattro H とのバランスは抜群で、さほど重さを感じることがなかった。新素材を使った鏡筒などもしっかりとした造りで好感触。ズーミングも実にスムーズ。写りも上々だ。愛用している「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」よりカバー範囲が広いので、今後大幅に出番が増えそうである。
その後、観音崎方面に行き海岸線を引き続き手持ちで撮影したが、良好な手ブレ補正機能のおかげで快適なフレーミングで撮影を楽しめた。これなら被写体の移動が多いサッカーやモータースポーツ、航空機や鉄道、そして風景撮影などでも存分にシューティングを堪能できるに違いない。手持ちがラクなのでブラブラ撮影にももってこいである。一度試してみることをオススメしたい。

横須賀港に係留中の潜水艦をテレ端で狙う。カメラが APS-H フォーマットなので1.3倍となるが、手持ちでもファインダー内に表示される像が「ビシッ!」と止まり、シャープにそのディテールを捉えることができた。

港の入り口で整備中のイージス艦。艦首や艦橋に組まれた足場が面白い。これを設置するのも大変だろうな、と思いながらシャッターを切った。向こうには横浜ベイブリッジが見える。

横須賀港に面したヴェルニー公園のベンチで休憩中の男性を撮った。旧日本海軍の戦艦「陸奥」に搭載された、全長約19メートルの主砲を背に缶ビールを楽しんでいる。靴を脱いでリラックスした様子だ。足元のスズメがかわいい。

「SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」はオートフォーカスのスピードとアキュラシーも抜群である。SIGMA sd Quattro H(!)でも迫り来る「軍港めぐり」の船を確実に写し止められた。ビックリ!

観音崎の浜辺では防波堤で釣りをするアングラーを撮影した。背後には「横浜ランドマークタワー」がそびえる。この場所からみなとみらいの街を眺めることができるのに驚いた。

超望遠ズームレンズで浦賀水道を行く艦船を眺めるのは楽しい。要塞跡の第一海堡、第二海堡の向こうには、千葉の富津岬にある「明治百年記念展望台」を確認することができた。てっぺんで自撮りをしているらしき人影が見える。そういえば第二海堡に上陸できるトラアイルツアーがあったが、機会があれば参加してみたいものである。

60mmという標準域から600mmという超望遠域までカバーしながら、程よいサイズ感で手持ち撮影を可能にしたこのレンズはとても重宝しそうだ。防塵防滴仕様に加え、レンズ最前面に撥水防汚コーティングを施しているので、海辺の飛沫もへっちゃらである。描写も素晴らしく、今回のブラブラ撮影でも高いキャプチャー性能を感じることができた。頼もしいレンズの登場である。


三井 公一

プロフィール

三井 公一
1966年神奈川県生まれ。
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービーなどで活躍中。
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影、その作品が世界からも注目されているiPhonegrapherでもある。
2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。
公式サイトはhttp://www.sasurau.com/
ツイッターは@sasurau

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク
Page Top