シグブラ
第109回:梅雨明けの下町ブラブラ

梅雨明けの下町ブラブラ

July 26, 2017

梅雨が明けた。まとまった雨がないまま明けてしまった。というわけでいよいよ夏本番である。ドピーカンの午後、SIGMA sd Quattro H に SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art を装着して電車に乗った。

アテはないが、どことなく水辺をブラブラと撮り歩きたいなと考えた。少しでも涼を感じたいからである。冷房の効いた車内から景色を眺めていると、ちょうど隅田川を渡るところ。その水面に誘われるかのように両国駅で下車し、炎天下の下町ブラブラを開始した。歩き始めると強烈な日射しと容赦ない照り返しが全身を包む。東京の夏である。SIGMA sd Quattro H を肩から提げ、建物の日陰を選んで歩く。皆さんご存じのとおり、そうしないとこのカメラはヘソを曲げるときがあるからだ(笑)

路地から路地へと渡り歩き、暑いのに名物の鯛焼きを買い求めて食べ、震災と空襲で亡くなった方々の慰霊をし、川沿いを上流へと進む。日が傾き始めると少しだけ風が出てきた。いい感じである。全面護岸された味気のない川は、花火大会の準備が進められていて、どこもかしこもフェンスや金網で覆われている。「花火は土手に座って見たいよねえ」と思いつつ、吾妻橋横のランドマークにカメラを向けてシャッターを切る。
そのまま橋を渡って浅草に入った。仲見世も浅草寺も外国から来た人でいっぱいである。治安も悪くないし食べ物も美味しいし、なによりも物価が安いので皆さんいろいろと楽しんでいるようだ。日本を大いにエンジョイして頂きたいと思う。さて、だいぶ薄暗くなって気温も過ごしやすくなってきた。今日は明るいプライムレンズなので、まだまだ撮影を楽しめそうだ。もうちょっとブラブラして夏を満喫して帰ろう。

ここ数日雨が降っていなかったので、朝顔もややくたびれている。小学校の授業で朝顔を育てたのを思い出した。夏休みに入るときに自宅に持って帰らされたっけ、と。

横網町公園にある東京都復興記念館には、関東大震災や東京大空襲に関する資料が展示されていて、屋外にはその被害に遭ったものが並べられている。これは丸の内にあったビルの破損した柱。グニャリと大きく曲がってしまっている。

ブラブラ中、偶然見つけたお洒落なカフェで熱〜いコーヒーを飲んだ。暑いときはホットコーヒーである(笑)カフェインを注入して再び歩き出した。コンクリートで固められた堤防を越えると隅田川だ。湿度の高いややネットリとした風が身体にまとわりつく。

花火大会が近いせいか工事なのか、いたるところが囲いで覆われていて彫像もご覧のとおりである。今日は SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art 1本なので足取りも軽い。約65ミリ相当の画角で撮影を楽しんだ。

フランス人デザイナーによる吾妻橋横にある有名なランドマーク。本来はこの”炎"は縦に設置される予定だったが事情があって横になった、と言われるがそれもどうやら都市伝説らしい?それにしてもこれも立派な Foveon 物件だろう。

吾妻橋を渡る。さすがに橋の上は風が抜けて涼しくて気持ちいい。しばらく佇んで汗が引くのを待った。足の下は屋形船が何艘も川を下っていく。振り返ると、高度を下げつつある太陽の光をビルが眩しく反射していた。

仲見世は海外からの観光客で賑わっていた。買い食いをしたり、土産物屋を覗いたりとみんな楽しそうに歩いている。レンタルの浴衣を着てセルフィーをしている女性が多かった。SNSにアップするのであろうか、自撮り棒にiPhoneをつけてシャッターを切っている。Foveon物件を探してその脇を通り過ぎた。

仲見世はたいそうな混雑だったが、浅草寺境内は人出が少ない。人を中心に SIGMA sd Quattro H でスナップをする。約65ミリ相当の距離感はなかなかいい。近すぎず長すぎず自然だからだ。

被写体と背景をいいバランスで入れつつ、緊張感を与えない絶妙なスペースを取れるのがいい。アジアから来たと思わしき若い女性たちをチョイ絞りでスナップ。ニッコリと微笑んでくれた。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artから始まったSGVレンズもかなりのラインナップとなってきた。そのどれもが極上の写りで魅力的だが、どれか1本を選ぶとなると、個人的にはこのSIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Artだろうか。135mmもとても素晴らしいが、日常的に使うならやはり50mmかな、と思う。この夏はプライムレンズを持って、いろいろなところをFoveon物件を探しにブラブラしたいと思っている。


三井 公一

プロフィール

三井 公一
1966年神奈川県生まれ。
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービーなどで活躍中。
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影、その作品が世界からも注目されているiPhonegrapherでもある。
2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。
公式サイトはhttp://www.sasurau.com/
ツイッターは@sasurau

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク
Page Top