シグブラ
第59回:雨上がりの都ブラブラ

雨上がりの都ブラブラ

June 24, 2015

雨の音で目が覚めた。かなり強い音でだ。叩きつける雨粒で、安宿の窓ガラスが滲んで外がよく見えない。「困ったな」とベッドから起きて、床に転がっている充電器からバッテリーを外し、SIGMA dp Quattroに装填する。iPhoneでリアルタイム降雨情報を確認すると、どうやら1時間くらいで雨は止みそうだということがわかった。

雨脚が弱くなったのを見計らって、通りに出て歩き始める。今日は月曜日なので、観光客に混じって通勤する人たちが足早に歩いて行く。その傘の華が咲く中、ひとりパーカーのフードを被って石畳の道に入った。

一時間ほどブラブラしてシャッターを切ったが、相変わらず雨は降ったり止んだりを繰り返し、ときおり強烈な降りになった。しかたなく喫茶店に入り、熱いホットコーヒーを頼んでそれをやり過ごす。エアコンの冷気が心地よい。

二杯目のコーヒーをオーダーしようかと思ったところ、パーっと日が射して外が明るくなった。急いで会計を済ませ店の外へ出た。修学旅行生が目立ち始めた再び京の街をブラブラだ。

川を渡り疎水を目指す。坂を登って鬱蒼としたエリアに到達。レンガ造りの歴史を感じさせる建造物をSIGMA dp Quattroで克明に写し取る。

再び強い雨が降ってきた。やれやれ、とアーチ状の水路閣で雨宿りをする。小降りになるまで、ゆっくりじっくりと、思うままにシャッターを切った。

気がつくと雨は止み、うっすらと太陽が顔をのぞかせていた。カメラをバックパックにしまって、水路閣をあとにして歩き始める。路地をあてもなくブラブラと進みながら、次に京都に来るのはいつになるかなあ、と思った。


三井 公一

プロフィール

三井 公一
1966年神奈川県生まれ。
新聞、雑誌カメラマンを経てフリーランスフォトグラファーに。雑誌、広告、Web、ストックフォト、ムービーなどで活躍中。
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影、その作品が世界からも注目されているiPhonegrapherでもある。
2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。
公式サイトはhttp://www.sasurau.com/
ツイッターは@sasurau

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク

シグブラフォトウォーク
Page Top