SIGMA|株式会社シグマ

KG+ Award 2018 ファイナリスト展|開催のお知らせ

KG+ Award 2018 ファイナリスト展|開催のお知らせ

“アーティストのための機材”を手がけるSIGMAは、KG+Award 2018 ファイナリスト展の開催をサポートします。
2018年春にSIGMAがメインスポンサーとして協賛・参加したKYOTOGRAPHIEサテライトイベント「KG+ 2018」。そのスポンサーシップの一環として、コンペティション「KG+ Award 2018」のグランプリおよびファイナリストへ、都内での展示機会を授与しました。
ファイナリスト展となる本展示では、グランプリ*を除く4名のファイナリストの作品を、東京・恵比寿のAmerica-Bashi Galleryにて公開します。

*KG+ Award 2018 グランプリ展についてはこちら(会期は終了しています)

 

|展示概要

SIGMA×KG+2018
Award Finalists Exhibition
KG+ Award 2018 ファイナリスト展

2019/1/31(木)-2/11(月・祝)
11:00-19:00 会期中無休
※最終日は17:00までの開催となります。
会場:America-Bashi Gallery
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南 1-22-3

レセプション・ギャラリートーク
2019/2/2(土) 17:00-19:00
会場:America-Bashi Gallery

 

|出展作家

杉山 有希子「CRASH」

木内 雅貴「Tangent」

賀来 庭辰「Choreography by Choreography」

ニコラ・オヴレー「Lisa + Attractions Nocturnes」

 

|KG+とは

KG+は、これから活躍が゙期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートした公募型アートフェスティバルです。2019年に7回目を迎え、この度プログラムを一新します。
京都から新たな才能を世界に送り出すことを目指し、意欲ある参加者を広く募集して展覧会を開催いたします。
また、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭との連携・同時開催を通して、KG+参加アーティストに、国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーターやギャラリストとの出会いの場と情報発信の機会を提供いたします。さらに、参加型のプログラムを実施し、来場者や市民が写真芸術文化に親しむ環境をつくります。元京都市立淳風小学校を始め、市内各所で展開される多様な表現が地域と訪れる人々をつなげ、新たな発見や交流がうまれることを期待します。
(KG+公式サイトより)

KG+ 公式サイト
http://www.kyotographie.jp/kgplus/