SIGMA|株式会社シグマ

“アーティストのための機材”を手がけるSIGMAと、 旧白洲邸・武相荘は、2018年7月より共同企画イベント 武相荘× SIGMA 『Art of Life(日常の美)』を開催します。


株式会社シグマ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:山木和人)と、旧白洲邸・武相荘(所在地:東京都町田市、運営:株式会社こうげい)は、2018年7月14日(土)から2019年初旬の約7か月間、共同企画による写真イベント、武相荘×SIGMA『Art of Life(日常の美)』を開催することとなりました。

〇 「空間×写真」の初コラボレーション
終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と随筆家・白洲正子夫妻の美意識と生活思想を垣間見られる文化施設「武相荘」。そして写真と道具、表現と技術の関わりを問い続け、「アーティストのための撮影機材」をコンセプトにユニークでコンセプチュアルなカメラ/レンズを手がけるSIGMA。緑豊かな多摩丘陵に根差し、独自の価値観のもと事業を展開する両者が、“Art of Life(日常の美)”をテーマに、7か月にわたり空間×写真でコラボレーションする初の試みです。

〇 写真家・大門美奈が武相荘の四季を撮る『武相荘写真歳時記』展
印象的な陰影表現、抒情的で抑制の利いた作風にファンの多い写真家・大門美奈氏をゲストに迎え、四季折々の表情豊かな武相荘を捉えた写真展『武相荘写真歳時記』を、2018年夏(春夏編)と2019年初頭(秋冬編)の2回にわたり開催します。

〇 撮影講座や、受講者の作品によるグループ展も開催
7/21(土)には大門氏によるトークショーと武相荘をテーマにした撮影講座を開催。受講者が作品制作期間中に武相荘内で撮影した作品によるグループ展も予定され、写真撮影と武相荘の魅力を余すところなく楽しめるイベントとなっています。

〇 作家・講師|略歴

大門美奈|Mina Daimon
神奈川県出身。2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、ファッションブランドとのコラボレーション企画などに参加。SIGMA dp3 Quattroユーザーとして多くの作品を撮影。主な写真展に「Portugal」(リコーフォトギャラリーRING CUBE)、「本日の箱庭展 – the Miniature Garden -」(72 Gallery)、写真集に「Al-Andalus」(桜花出版)がある。International Photography Awards 2017 にてHonorable Mentionに選出される。創作活動についてはSIGMAウェブマガジン「SEIN」、SIGMA dp Photo Galleryなどでも紹介。

大門 美奈ウェブサイト|http://www.minadaimon.com


〇 会場情報

名称:旧白洲邸・武相荘(ぶあいそう)
住所:〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷7-3-2
電話:042-735-5732
開館時間:10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日・振替休日を除く)夏季・冬季休業日(公式カレンダーhttps://buaiso.com/ki/info/calendarでご確認ください)
アクセス:https://buaiso.com/access_guide/access.html

※ 駐車場スペースの都合上、7/21(土)のトークショー/撮影講座へご来場の際は、公共交通機関か近隣の駐車場のご利用をお願い致します。

〇 イベントプログラム

1|大門美奈写真展『武相荘写真歳時記』

2018年夏の「春夏編」、2019年頭の「秋冬編」の2回、四季折々に表情を変える武相荘を捉えた写真展を開催します。

観覧料:写真展のみ観覧の場合、入館料1,050円が必要です。
1)春夏編:2018年7月14日(土)~ 8月31日(日)
2)秋冬編:2019年1月12日(土)~ 2月10日(日)

2|写真展オープニング・クロストーク

会期オープニング企画として、展示作品の解説や武相荘のインプレッション、撮影のエピソードなどを大門氏×SIGMAゲストの対談形式でお届けします。

参加費:1,000円(税込)
開催日:2018年7月21日(土)11:00-12:00 武相荘「能ヶ谷ラウンジ」
参加費に含まれるもの:トークショー参加費/武相荘入館料/大門美奈写真展『武相荘写真歳時記』春夏編観覧料
定員:先着30名(定員になり次第〆切)

3|撮影講座『Art of Life(日常の美)』

7/21午後には撮影講座を開催。講座の前半では、身近な情景に息づく「美」を写真に表すためのヒントやテクニックを大門氏が伝授。後半の撮影実習ではSIGMA製品もお試しいただけます。
撮影講座(①)の受講者には、作品制作期間(②)中有効な武相荘入館フリーパスをお渡ししますので、作品制作期間内は何度でも武相荘内で撮影していただけます。
受講者が武相荘をテーマに撮影いただいた作品は、受講者によるグループ展(④)として約1ヶ月間、武相荘館内にて展示いたします。
提出作品のうち佳作にはSIGMAおよび武相荘よりイベント限定の記念品を謹呈します。

参加費: 7,000円(税込)
スケジュール :
① 撮影講座:2018年7月21日(土)13:30-15:30 武相荘館内
② 作品制作期間:7月21日(土)~ 9月17日(月・祝)
③ 作品提出期間:9月18日00:00(火)~ 9月24日23:59(月・祝)オンライン受付
④ 受講者によるグループ展:10月13日(土)~ 11月30日(金)武相荘館内
参加条件:
1)原則的に①~④のすべてに参加いただけること
2)スマートフォン以外のカメラをお持ちの方
定員: 15名(定員になり次第〆切)
参加費に含まれるもの:7/21の入館料と昼食代/トークショー参加費/撮影講座参加費/武相荘入館フリーパス(有効期間:7/22~9/17)/受講者グループ展参加費(プリント制作実費込)/受講者グループ展へのご同伴者用特別入場券(適宜)

〇 クロストーク・撮影講座|参加申込の方法

申し込み期間:6月20日(水)10:00 〜 7月13日(金)23:59
お申込み方法:下記「武相荘オンラインチケット」ストアよりお申し込み・決済ください。
7/17(火)に参加申し込み・引換用のハガキを発送しますので、当日会場でご提示ください。

* 先着順ですのでお早めにお申し込みください。
* 決済完了時点で「予約完了」となります。
* ご事情で参加できなくなった場合も返金されませんので予めご了承ください。


「武相荘オンラインチケット」https://buaiso.base.ec/

〇 お問い合わせ

● オンラインチケット購入方法に関するお問い合わせ
武相荘オンラインチケット購入ページ「CONTACT https://thebase.in/inquiry/buaiso-base-ec」より
● 講座内容や参加申込など、イベントに関するお問い合わせ
SIGMAマーケティング部|pr@sigma-photo.co.jp
________________________________________

■ 旧白洲邸・武相荘(ぶあいそう)とは

東京都町田市(鶴川)の丘陵地にある白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅。 現在は記念館・資料館として一般公開されている。武相荘の名の由来は「武蔵の国と相模の国の境に位置する」事と「無愛想」を掛けて命名され、多くの来館者が訪れている。

「旧白洲邸・武相荘」公式サイト|https://buaiso.com/about_buaiso/

■ 株式会社シグマについて

株式会社シグマは、デジタルカメラ、スチル・シネマ用交換レンズ、各種アクセサリーなどの製造・販売を行う総合光学機器製造企業です。唯一の生産拠点である福島・会津工場で全製品をほぼ完全内製にて一貫生産。「All made in Aizu」のものづくりにより創業より半世紀以上にわたって多種多様な製品を市場に提供し続けています。

SIGMA公式サイト|www.sigma-global.com

________________________________________