SIGMA|株式会社シグマ

SIGMA dp Quattroシリーズが「German Design Award 2016」を受賞

 株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)が2014年6月に発売した、Foveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム “Quattro”)を搭載した高画質デジタルカメラSIGMA dp Quattroシリーズが、ドイツのデザイン賞「German Design Award 2016」の部門賞を受賞致しました。
German Design Awardは、2012年に設立されました。審査対象はすでにデザイン分野で一定の評価を受けている製品であり、当製品はドイツの「iFデザインアワード2015」の受賞により、今回候補となりました。選考はExcellent Communication Designと、Excellent Product Designの2つのカテゴリの各部門に分かれ、それぞれ専門の審査員によって賞が決定されます。
「Winner賞」は、各部門の総エントリーの中から特筆する15件に与えられます。


受賞理由:dp Quattro シリーズは、外観、レンズ、センサー、画像処理エンジンなど全てが一新されている。優れたバランス、軽量性や人間工学が追求されており、快適かつ安定したホールド感と直感的な操作を実現している。ダイレクトイメージセンサーに代表されるような素晴らしい性能を備え、カメラに求められるすべてを叶えることができる。
※German Design Award Webサイト(英語):http://www.german-design-council.de/en/design-awards.html