SIGMA|株式会社シグマ

Mac OS X Yosemite v10.10 と SIGMA Photo Pro 6.2 について

SIGMA Photo Pro 6.2 Mac版をご使用のお客様へ

平素はシグマ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
この度、Apple社よりリリースされました「OS X Yosemite v10.10」にてSIGMA Photo Pro 6.2をご使用になる際のご注意点につきましてご案内申し上げます。

1.ダウンロード後、SIGMA Photo Pro 6.2の起動時に「開発元を確認できないため、開けません。」などのメッセージが表示され、起動できない。

Mac OS X Yosemite v10.10のGateKeeperの仕様に対応していない為の起こる現象となりますが、SIGMA Photo Pro 6.2のアイコン上にマウスカーソルを置き、マウスを右クリック(Control キーを押しながらクリック)すると表示されるプルダウンメニュー中の「開く」をお選び下さい。その後に警告ダイアログボックスが表示されますので「開く」を選択して下さい。

また、お客様のパスワードの入力を要求される事がありますが、その場合はパスワードを入力していただければ、通常通りご使用頂けます。尚、一度起動すれば次回からはメッセージの表示はされませんので、このような操作は不要となります。

2.SIGMA Photo Pro 6.2の起動後にメインウインドのフレームは表示されるがサムネイル画像が表示されない。

「Mac OS X Yosemite v10.10」にてSIGMA Photo Pro 6.2の初回起動時のみ、システムファイルを新規に生成する為、サムネイルの表示が開始されるまでに1~2分ほどの時間がかかります。
 SIGMA Photo Pro 6.2のメインウインドが起動しましたら、そのままの状態でしばらくお待ちいただけますようお願いいたします。尚、次回からは通常通り起動致します。

今後とも弊社及び弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。