SIGMA|株式会社シグマ

DP1が欧州の権威ある賞を受賞

株式会社シグマ(社長:山木和人)が2008年3月に発売した高画質デジタルカメラDP1が、欧州の「TIPA Awards 2008」の部門賞「TIPA Best Prestige Camera」を受賞致しました。
〈概要〉
受賞部門:TIPA Awards 2008 Best Prestige Camera
対象製品:DP1
受賞理由
DP1は、同社のデジタル一眼レフSD14と同サイズの大型センサーをコンパクトカメラのボディに搭載した初めてのデジタルカメラである。また、フォビオンダイレクトイメージセンサーにより、優れた描写性能を発揮している。とりわけ、RAWフォーマットで撮影したISO200までの画質は、非常に素晴らしいものであり、必要に応じてISO800まで撮影が可能である。また、高性能な28mm相当の画角のレンズは、デジタル一眼レフカメラ用にも匹敵する高画質を実現している。DP1は、エレガントでスタイリッシュなボディで撮影する喜びを感じさせるカメラである。また、より正確な撮影を行うためにマニュアルフォーカス機能や別売りのビューファインダーが用意されている。この贅沢な機能を備えたデジタルカメラは、コンパクトデジタルカメラの新しい系譜を作り、今後のカメラの発展に大きな影響を与えた。
DP1
この製品に関する詳しい内容は、
こちらをご参照下さい。
シグマは今後も、魅力ある製品開発に注力し、幅広いお客様のニーズに応えることができるよう努力してまいります。
TIPA(Technical Image Press Association)は、ヨーロッパ13ヶ国の有力なカメラ・映像関連専門誌30 誌の編集長とテクニカルエディターによって構成される団体です。1991年以来、年に一度、過去一年間に欧州で発表された映像関連製品の中から、カテゴリーごとに最も優れた製品を選出しています。