第109回:夏のポイント・マグ(Point Mugu)付近を歩く。
押本 龍一

押本龍一、東京品川生まれ。
82年英語の勉強のため2年の予定で渡米。84年ニューヨークに渡り刺激を受け予定を変更、広告写真スタジオで働き始める。91年フォトグラファーとして独立。95年ニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し現在に至る。エンターテインメント関係の撮影中心。近年はライフワークである旅写真に力を入れている。趣味は旅と山歩き。

オフィシャルサイト : http://oshimoto.net/

第109回:夏のポイント・マグ(Point Mugu)付近を歩く。

山を上り歩き海岸線を見下ろせる小山に出ると、沈みかけた太陽が太平洋に反射し、シルエットになったマグ・ロック(Mugu Rock)が陸から独立した小島のように見えた。炎天下のトレイルを半日歩き疲れ果て戻って来た私は、吹き抜ける海風に疲れも忘れ高倍率標準ズームレンズで絶景を切りとった。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/1000秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:39 mm

前週、気温42℃の砂漠地帯にいた私は、海岸に近い山道を歩きたくなりサンタモニカから西へ55kmに位置するポイント・マグへ向った。サンタモニカ・フリーウェイからパシフィック•コースト•ハイウェイに入りサンタモニカのビーチを越えマリブに来ると、海岸には海水浴に来た家族連れや波に乗るサーファーの姿があり夏休み本番といった感じだった。山を歩きに来た私は、海岸で遊ぶ楽しそうな人々に誘われてビーチに立ち寄ることにした。

large
thumbnail-02

たくさんのサーフィン用のウェットスーツが、ビーチ沿いの駐車場の壁にかけてあった。夏の午前中は曇ることが多い海岸は、この朝もどんより曇りしっとりとした空気に包まれていた。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-35mm F1.8 DC HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/125秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:23 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:5.02 MB

large
thumbnail-03

岩場をうまく避けて波に乗るサーファーを高倍率超望遠ズームレンズで追う。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM | ISO感度:200 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/1000秒 | 絞り値:F9.0 | 焦点距離:373 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:8.58 MB

海岸で予定外の時間を費やし、10年ぶりのポイント・マグ州立公園に到着したのは昼過ぎだった。パシフィック•コースト•ハイウェイ沿いの路肩に車を停めることも出来たが、かなりのスピードでハイウェイを通り過ぎて行く車が気になり、公園使用料12ドルを払い公園内の駐車場に車を停める。「Full」のサインがかかり、大人数のグループで賑わうキャンプ場を通り抜け、シカモア・キャニオン・トレイルのスタート地点に立ったのは午後1時近くになっていた。考古学者のような風貌の初老の男性が、汗まみれになりトレイルから戻ってきたので挨拶を交わす。男性は公園入り口で購入したマップを開いて、歩いてきたトレイルを説明したが、以前、このトレイルを歩いたことがあると信じて疑わない私は、しっかりとマップを見なかった。トレイルを歩きはじめると太陽が照りだした。山火事のため樹木が焼き焦げて倒れているトレイルは、平坦で変化のあまりない景色がしばらく続き、海岸に近いとはいえ気温はだいぶ上がってきた。強い陽射しに耐えながら歩いて行くと、時より見かける花に足を止めたくなった。その後トレイルでは、山から下りて来た7, 8人の女子高校生グループとすれ違った以外ハイカーの姿は見かけず、暑くなるこの時間帯から歩きはじめた人間は私の他にはいないようだった。

large
thumbnail-04

山火事によって焦げた木。同じ根っこから伸びた木でも倒れてしまったものと、生き残って枝に葉を沢山つけているものがあった。木陰に入ると海に近いので暑さをしのげた。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/125秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:8 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:10.45 MB

large
thumbnail-05

炎天下に咲く花がみずみずしく見え、蜂が飛びまわっていた光景に大口径中望遠マクロレンズを向ける。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM | ISO感度:200 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:105 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:10.68 MB

large
thumbnail-12

マリポサ・リリーが1本ポツンと咲いていた。大口径標準レンズを花にフォーカスすると、花以外は自然にぼけ、圧倒的な描画力で花の内側を捉えていた。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 50mm F1.4 DG HSM | ISO感度:200 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:50 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:3136 x 4704 | ファイルサイズ:12.37 MB

large
thumbnail-07

雨の日は鉄砲水が流れ出しそうな干上がったクリークに、白っぽく見えた花が咲き白い蝶が飛んでいた。大口径標準レンズで何気なく切りとった画像には、花びらにピンク色が混じったダンデライオンの花の一つひとつの存在感がしっかり描写されている。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 50mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F5.6 | 焦点距離:50 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:16.11 MB

large
thumbnail-08

干上がりひび割れた地面に添えたように咲くアサガオ。木陰によって雰囲気のある光が差し込む光景をシャープに切りとる。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/125秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:15.59 MB

トレイルは小さな滝に出るはずだったが、平坦な景色がいつまでも続いた。開けた土地に出ると、以前歩いたトレイルではないことに気付いた。強い陽射しの下、これ以上海から離れたくなかったので、渓谷をつくる西側の山に登るトレイルへの分岐点に戻った。トレイルは登るに連れて眺めは良くなったが、日陰のないトレイルを一番暑い時間帯に登るのは楽ではなかった。昨年5月の山火事により、広範囲に渡って焼け焦げている山の斜面も暑さを余計に感じさせた。

large
thumbnail-09

いくつかの呼び名(Stinking Gourd, Wild Gourd, Coyote Gourd , Coyote Melon)があるウリ科の植物が、渓谷が広くなった平坦な土地に生息し、ここから引き返して山に登った。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/200秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:11.74 MB

large
thumbnail-10

日陰のまったくないトレイルを歩き登り振り返る。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/250秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:3136 x 4704 | ファイルサイズ:20.30 MB

large
thumbnail-11

上からマウンテンバイクが下りてきた。下からもマウンテンバイクに乗った3人が私を追い越して行ったが、歩く人は見かけない。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/200秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:147 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:14.44 MB

large
thumbnail-12

木が焼け焦げていた中にしっかりと立つ消火栓は独自の存在感があった。大口径標準レンズを消火栓にフォーカスする。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 50mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F5.6 | 焦点距離:50 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:3136 x 4704 | ファイルサイズ:9.93 MB

large
thumbnail-13

黒く焼け焦げた木を背景にした白いユッカの花は一際目立ち、モノクロームにして白い花の存在感を強調した。肉眼ではまぶしい白に見えたが、画像には繊細な花のディテールがしっかりと刻まれている。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F5.6 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:6.58 MB

山の尾根のような部分に来ると周囲の景色が見渡せ、トレイルは平坦になり歩きやすくなり、西からは気持ちのいい風が吹いていた。トレイルを西へしばらく歩くと山の間に青い海が見え、右手下の渓谷には、以前私が歩いたトレイル・ヘッドが見えた。海が見えてくると気温が下がり、気持ちのいい風に向って歩き海岸線が見渡せる場所に出た。

large
thumbnail-14

空に浮かぶ雲が太陽をさえぎり、さほど遠くにない砂岩のボニー・マウンテンが手の届かない神聖な山に見えた。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/250秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:13.57 MB

large
thumbnail-15

乾燥したほこりっぽいトレイルを歩きてきた人間には、山の間から青い海が見える光景は感動的だった。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/125秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:8.90 MB

large
thumbnail-16

パシフィック•コースト•ハイウェイを通すため削ってできたマグ・ロックがシルエットになり、海と海岸のキャンプ場に停まるキャンピングカーが、西に傾いた陽光に反射する。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:14.51 MB

large
thumbnail-17

南方向を眺める。吹き上がる風には砂が混じっていた。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/125秒 | 絞り値:F11.0 | 焦点距離:16 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:16.58 MB

トレイルは左手に下り、キャンプ場を通り抜けてスタート地点に向っていたが、私は正式なトレイルから外れて海に突き出るように見える小山のような部分まで歩いてみた。海からの風はさらに強くなって気温は一気に下がり、少し前まで汗ばんでいた体が急に冷えてきた。この日のこの場所は風を防ぐ役目をしていたようで、海岸線を東南の方から飛んできたカモメがこの場所まで飛んでくると、3,4秒ほど風に押し返されて宙に浮んだ後、北北西の山の方へ飛んでいったが、カモメは向かい風を避けて飛んでいたようだ。

large
thumbnail-18

画面正面に見える小山まで強い風を受けて歩く。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 35mm F1.4 DG HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/320秒 | 絞り値:F5.6 | 焦点距離:35 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:17.56 MB

large
thumbnail-19

小山までの尾根から海岸と反対方向にあるキャンプ場を見下ろす。渓谷のキャンプ場には、強い風は届いてはいなかった。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/160秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:39 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:17.03 MB

large
thumbnail-20

カモメは突き出た小山までくると、飛ぶ方向を変えて飛んでいった。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/640秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:106 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:13.45 MB

突き出た小山の上は、立っていると飛ばされそうな強い風が吹き抜けていた。陽も傾いた海岸線は厚手のジャケットが欲しくなる気温になったが、見渡せる景色がすばらしいのでしばらく小山の上に留まった後、正式なトレイルに戻りキャンプ場に下った。満員のキャンプ場ではほとんどのサイトで早くも焚火をし、駐車場に戻ると強かった陽射しはなくなっていた。ジャケットを着込みマグ・ロックに近い海岸に出て海の空気を吸い込んだ後、パシフィック•コースト•ハイウェイを東へ走り家路についた。

large
thumbnail-21

山影で陽が届かなくなった州立公園内にある駐車場。内蔵ストロボを発光し、影になったシャワーのサインにフォーカスする。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-35mm F1.8 DC HSM | ISO感度:200 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/200秒 | 絞り値:F9.0 | 焦点距離:32 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:7.08 MB

large
thumbnail-22

すぐそばを横切って見るより遠めから眺めた方が美しいマグ・ロック。夕暮れ時の空気感は、彩度を落としたセピア色が良く似合った。

使用器材:SIGMA SD1 Merrill + 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | ISO感度:100 | ホワイトバランス:晴れ | シャッター速度:1/500秒 | 絞り値:F8.0 | 焦点距離:70 mm | ファイル形式:JPEG
画像サイズ:4704 x 3136 | ファイルサイズ:7.50 MB

夏場、内陸部の低山では日中暑くて歩く気がしないが、海に近い山では強い陽射しに耐えてかなりの距離も歩けそうだ。この日しっかり歩いた自分への褒美は、帰宅後シャワーを浴びて飲んだ冷えたビールだった。

※ このページに掲載された作品は、RAWデータ(X3F)を「SIGMA Photo Pro」で現像処理をしたものです。
一部、現像後にゴミ取りのためにレタッチソフトウェアを使用した画像もございます。

Page Top