SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 発表
2010.5.28
この度当社では、手ブレ補正OS機構搭載のデジタル専用大口径標準ズームレンズ17-50mm F2.8 EX DC OS HSMを発売致します。
全長91.8mmのコンパクトなズームレンズ。広角17mmをカバーし、ズーム全域でF2.8の大口径を実現。携帯性に優れ、スナップやポートレート、風景撮影など、幅広いジャンルで活躍します。手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載し、約4段分の補正効果を発揮します。蛍石と同等の性能を誇るFLD(“F” Low Dispersion)ガラスを2枚採用し、色収差を補正。グラスモールド非球面レンズ2枚、ハイブリット非球面レンズ1枚を採用し、非点収差、像面湾曲を補正。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。周辺光量も豊富で開放からシャープでコントラストの高い描写を実現、ズーム全域で高画質を実現しました。超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。最短撮影距離はズーム全域で28cm、最大撮影倍率は1:5。7枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近での円形のボケを得る事が可能です。フォーカス時に前玉が回転しないインナーフォーカスの採用により、花形フードの装着が可能、円偏光フィルターの使用も容易です。
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
発売日

キヤノン用:2010年6月11日(金)、シグマ用、ソニー用、ニコン用、ペンタックス用:発売日未定
希望小売価格(税別):82,800円、ケース、花形フード(LH825-03)付
対応マウント:シグママウント、ソニーマウント(D)、
ニコンマウント(D)、ペンタックスマウント、キヤノンマウント
このレンズについての詳しい内容は、こちらをご覧下さい。
主な仕様(数値は、シグマ用です。)
●レンズ構成:13群17枚 ●画角:72.4°-27.9° ●絞り羽根枚数:7枚(円形絞り) ●最小絞り:F22 ●最短撮影距離:28cm ●最大倍率:1:5 ●最大径×全長:Ø83.5mm×91.8mm ●重さ:565g
●APS-C 相当の大きさより大きな撮像素子を持ったデジタル一眼レフカメラ及び、35mm 一眼レフカメラ、APS フィルム一眼レフカメラには使用できません。使用された場合、画面にケラレが生じます。●ペンタックス*istシリーズ、K100Dでは、オートフォーカスおよび、手ブレ補正(OS)機構は働きません。●手ブレ補正機能を搭載したカメラでOS機構をご使用になられる場合は、カメラ側の手ブレ補正機能をOFFにして使用ください。
Copyright 1999-2010 SIGMA CORPORATION All Rights Reserved.