500mmでF2.8、1000mmでF5.6を実現した、大口径超望遠ズームレンズ
APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG
2008.2.1
この度当社では、APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DGを発表致します。
500mmでF2.8を実現した、初の大口径超望遠ズームレンズ。撮影頻度の高い200mmから500mmをカバーし、ズーム全域でF2.8の明るさを実現しています。専用設計の400-1000mm F5.6 Attachmentを装着すれば、400-1000mm F5.6の超望遠ズームレンズとしてオートフォーカス撮影が可能です。天体写真やポートレート、野鳥、スポーツ撮影等で今までにない表現が可能です。ELD(Extraordinary Low Dispersion:特殊低分散)ガラス3枚、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラス1枚を採用し、諸収差を極限まで補正、スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。開放から優れた描写性能を発揮します。レンズフードを標準装備し、レンズの描写に悪影響を与える有害光を効果的にカットします。フィルターは72mmの後部差し込み式を採用。独自のフィルター枠の回転機構により、円偏光フィルターの使用も容易です。ズーミングとAF駆動用に専用バッテリーを採用。レンズ本体内に収納された、Li-ionバッテリーパックBP-21が電源を供給します。レンズ後部のLCDパネルに撮影距離と焦点距離を表示し、使い勝手の向上を図りました。
APO 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG
希望小売価格(税別) :2,500,000円
専用ハードケース、専用ストラップ、400-1000mm F5.6 Attachment、
バッテリーチャージャーBC-21、バッテリーパックBP-21付
対応マウント :シグマ用、キヤノン用、ニコン用
発売予定日 :キヤノン用 2008年4月下旬
  :シグマ用、ニコン用 2008年6月
特徴
  • 写真の新しい世界を拡げる初の大口径500mm F2.8超望遠ズームレンズ
  • 専用のAttachmentの装着により、1000mmでオートフォーカス撮影が可能
  • ELDガラス3枚、SLDガラス1枚を採用し、開放から高画質を実現
  • Ø72mmの後部差し込み式フィルターを採用
主な仕様 (数値はシグマ用です。)
●レンズ構成:13群17枚 ●画角:12.3°-5° ●絞り羽根枚数:9枚 ●最小絞り:F22 ●最短撮影距離:200-500cm ●最大倍率:1:7.7 ●フィルター:Ø72mm(後部差込式) ●最大径×全長:Ø236.5mm×726mm(フード含む) ●重さ:15,700g
Copyright 1999-2010 SIGMA CORPORATION All Rights Reserved.