HOME > 最新情報 > SIGMA dp0 Quattro 発表

2015.02.10

SIGMA dp0 Quattro 発表

 株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、Foveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム“Quattro”)を搭載した高画質デジタルカメラ「SIGMA dp Quattro」シリーズの新たなラインナップとして「SIGMA dp0 Quattro」を発表いたします。

 「SIGMA dp0 Quattro」は、Quattroセンサーに最適化した専用設計の超高性能14mm F4レンズ(35mm版カメラ換算21mm相当の画角)を搭載した超広角の高画質デジタルカメラです。最高の光学性能を実現するために、蛍石と同等の性能を誇るFLDガラス4枚と、SLDガラス2枚、大口径両面非球面レンズを含む、非球面レンズ2枚を採用。超広角で気になる倍率色収差やディストーションを極限まで補正し、レンズ性能を最大限に引き出しました。開放から高性能でシャープな描写性能を発揮し、被写体の情報を画面の隅々まで余すことなく伝え、センサー能力を最大限に引き出します。
高い光学性能と91°の広い画角、被写界深度を活かすことで、建築物や狭い室内での撮影、風景撮影などに威力を発揮します。また、別売りの専用光学ファインダーVF-51をホットシューに装着することで、外光の影響で液晶モニタが見づらい場合などにも確実なフレーミングが行えます。
この「SIGMA dp0 Quattro」がラインナップに加わることにより、撮影目的に応じて21mm(SIGMA dp0 Quattro)、28mm(SIGMA dp1 Quattro)、45mm(SIGMA dp2 Quattro)、75mm(SIGMA dp3 Quattro)、90mm(dp3 Quattro専用の1.2倍テレコンバーター装着)の中から最適な選択が可能となります。 

SIGMA dp0 Quattro
発売日未定
価格:オープン価格



この製品についての詳しい内容は、こちらをご覧下さい。

 
return to top