HOME > 最新情報 > SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 発表

2014.01.07

SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 発表

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、全域で高い光学性能を発揮する高倍率標準ズームレンズSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを発表致します。

標準ズームは、デジタル一眼レフの入門レンズとして、一本で多様な撮影に対応できるレンズです。本レンズは、18mm(35mm判換算約27mm)といった広角の入門的な画角から、200mm(35mm判換算約300mm)といった本格的な望遠、マクロまで、画角の変化を楽しめます。また、手ブレ補正OS機構の搭載により、クローズアップや室内、夕景のシーンでも手持ち撮影できるといった利便性を追求しながらも、常用レンズとして、コンパクトサイズを達成するため、最新のテクノロジーを惜しみなく投入しています。本当に使いやすい標準ズームとは何か。シグマが考える新しい標準ズームをここに提案します。 
            発売日:未定
            希望小売価格(税別):60,000円
            対応マウント:シグマ用、キヤノン用、ソニー用、ニコン用、ペンタックス用
            付属品:花形フード(LH676-01)
            ● 製品の外観、仕様などは変更することがあります。
            ● ソニー用、ペンタックス用は、手ブレ補正OS機構を搭載していません。

 
return to top