HOME > 最新情報 > KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017
「LOVE Photobook Library from SIGMA Collection」のご案内

2017.04.05

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017
「LOVE Photobook Library from SIGMA Collection」のご案内

株式会社シグマ(代表取締役:山木和人)は、2017年4月15日(土)~5月14日(日)の1ヶ月間京都市内で開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017 」に アソシエイテッドプログラム「LOVE Photobook Library from SIGMA Collection 」(http://www.kyotographie.jp/portfolio/library-sigma-collection)として参加いたします。
京都・祇園のランドマーク「Sfera」2Fのギャラリースペース ”SferaExhibition” (京都市東山区 弁財天町17)をメイン会場に、シグマが独自に収集してきた約800タイトル(和書洋書、新版絶版を含む)の蔵書を初公開(無料)。プライベートコレクションとしては類例のない充実した質と量の蔵書が全冊閲覧可能になります。http://www.ricordi-sfera.com/shops/
KYOTOGRAPHIE 2017のテーマ「LOVE」にちなんだ第一人者による選書とともに、写真文化の精華ともいえる名著の数々をお楽しみください。
 
主なプログラムは以下の通りです。

1|特別選書コーナー
ライブラリ会場およびB1Fのカフェ「Café DOnG by Sfera(カフェ・ドン・バイ・スフェラ)」にて、写真・芸術関連各分野の第一人者による特別選書コーナーを設けています。7名の選者の方々に、KYOTOGRAPHIE 2017のテーマ「LOVE(愛)」にちなんだ写真集3冊を、SIGMAコレクションのなかからセレクト、コメントをいただいています。それぞれの視点で選んだ「LOVE Photobooks」をお楽しみください。

<選者各位>
●小崎哲哉(おざき・てつや)/『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員
●川内倫子(かわうち・りんこ)/写真家
●Simon Baker (サイモン・ベイカー)/テート・モダン(英国国立近代美術館)写真部門キュレーター
●鈴木理策(すずき・りさく)/写真家
●仲西祐介 (なかにし・ゆうすけ)/KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭 共同代表
●町口 覚(まちぐち・さとし)/グラフィックデザイナー、パブリッシャー。デザイン事務所「マッチアンドカンパニー」主宰。
●Lucille Reyboz(ルシール・レイボーズ)/KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭 共同代表
※五十音順、敬称略

2|トークショー
SIGMAの季刊広報誌『SEIN』のレギュラー執筆陣であり、KYOTOGRAPHIE 2017のポートフォリオレビュアーを務められるお二方が、それぞれの活動と視点、独自の切り口で「写真」を語るトークショーを開催します。参加はすべて無料(入場先着順)です。

[1] 5月6日(土)17:30~19:00
河内タカ/コラムニスト、便利堂コロタイプ海外事業部
テーマ:アートや写真への深い造詣と豊富な経験にもとづく「写真論」

[2] 5月7日(日)11:30~13:00
小林美香/写真研究者、東京国立近代美術館客員研究員
テーマ:多角的に写真を読み解く独自のアプローチによる写真集解題

3|『SEIN』ギャラリー
『SEIN』は、「写真と、写真のための道具への情熱」「道具の使い手、作り手としてのものづくりの哲学」「創造的活動を行っている各界人の求道精神」などをメインコンテンツとするSIGMAの季刊広報誌です。SIGMAユーザーのみならず、写真愛好家の方々に国内外で広く愛読いただいている『SEIN』をご紹介する特別コーナーを設けています。

<会場「Sfera」について>
〒605-0086 京都市東山区縄手通り新橋上ル西側弁財天町17 スフェラ・ビル
京阪「三条」駅 5番出口または「祇園四条」駅 9番出口から徒歩7分
OPEN:11:00-19:00
CLOSED:水曜 (5/3以外)
入場無料


KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭とは?
「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。一千年の長きにわたって伝統を守りながら、その一方で先端文化の発信地でもあり続けてきた京都。その京都がもっとも美しいといわれる春に開催されます。
日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、ときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭を目指します。
http://www.kyotographie.jp/aboutus


名称: KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017
KYOTOGRAPHIE INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL
会期: 2017年 4月15日 (土) – 5月14日 (日)
主催: KYOTOGRAPHIE 実行委員会
共催: 京都市、京都市教育委員会
http://www.kyotographie.jp/2017portal/outline 
return to top