HOME > 最新情報 > 最新版SIGMA Photo Pro 6.4.0 ダウンロード開始のお知らせ

2016.06.30

最新版SIGMA Photo Pro 6.4.0 ダウンロード開始のお知らせ

平素はシグマ製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

本日より、最新のRAW現像ソフトウェア「SIGMA Photo Pro 6.4.0」のダウンロードサービスを開始いたしましたのでご案内申し上げます。

このダウンロードサービスは、sd Quattroシリーズ、dp Quattroシリーズ、SDシリーズ、DPシリーズをご愛用のお客様を対象としています。

本ソフトウェアの主な変更点は以下の通りです。

SIGMA Photo Pro 6.4.0 Windows版
・sd QuattroのRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)に対応しました。
・sd QuattroのSFDモードで撮影されたX3Iファイルのフレーム選択機能(エディットウインドウ)を搭載しました。
・sd Quattro及びdp Quattroで撮影されたRAWデータの現像時にディテール適用量を変更し、画像の細部の描写を調整することができるディテールスライダーを搭載しました。
・sd QuattroのISO800以上で撮影されたRAWデータに対し、発色を向上させるビニング機能を搭載しました。
・レビューウインドウ上でカラーモードやホワイトバランスを変更した際の表示速度を高速化しました。
・sd Quattroおよび、dp Quattroで撮影されたRAWデータ現像時の赤の滲みの改善と、ハイライト部の描写を向上させました。
・JPEGあるいは、TIFF画像をレビューウインドウ上で連続して切り替える際に、保存ダイアログを非表示としました。
・SIGMA Capture Proと正しく連動しない不具合を改善いたしました。
・SD1およびSD1 Merrillで撮影されたRAWデータ(X3Fファイル)を現像保存する際に露出補正値が0となる不具合を修正いたしました。

SIGMA Photo Pro 6.4.0 Macintosh版
・sd QuattroのRAWデータ(X3Fファイル、X3Iファイル)に対応しました。
・sd QuattroのSFDモードで撮影されたX3Iファイルのフレーム選択機能(エディットウインドウ)を搭載しました。
・sd Quattro及びdp Quattroで撮影されたRAWデータの現像時にディテール適用量を変更し、画像の細部の描写を調整することができるディテールスライダーを搭載しました。
・sd QuattroのISO800以上で撮影されたRAWデータに対し、発色を向上させるビニング機能を搭載しました。
・レビューウインドウ上でカラーモードやホワイトバランスを変更した際の表示速度を高速化しました。
・sd Quattroおよび、dp Quattroで撮影されたRAWデータ現像時の赤の滲みの改善と、ハイライト部の描写を向上させました。
・JPEGあるいは、TIFF画像をレビューウインドウ上で連続して切り替える際に、保存ダイアログを非表示としました。
・SIGMA Capture Proと正しく連動しない不具合を改善いたしました。
・SD1およびSD1 Merrillで撮影されたRAWデータ(X3Fファイル)を現像保存する際に露出補正値が0となる不具合を修正いたしました。
・外付けのストレージデバイスを接続した際に、コンピューターの環境により「メモリ不足エラー」警告が表示される不具合を修正いたしました。

ご注意:sd Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)はSIGMA Photo Pro6.4.0より前のソフトウェアではRAW現像することが出来ません。必ず最新のRAWデータ(X3Fファイル)に対応した最新版のSIGMA Photo Pro 6.4.0をご使用ください。

「SIGMA Photo Pro 6.4.0」は、下記のサイトからダウンロードできます。

SIGMA Photo Pro 6.4.0 ダウンロードページ

http://www.sigma-global.com/jp/download/cameras/sigma-photo-pro/

今後とも弊社及び弊社製品のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。  
return to top