HOME > イベント

去る6月20日(土)、SIGMA dp0 Quattro(7月10日発売予定)をいち早くお手にとってお試しいただける「新製品体感イベント」を東京で開催いたしました。その模様をお届けいたします。

表参道の東京会場では、午前10時のオープン前からたくさんのご来場者が列を作られ、dp0 Quattroにご注目いただいていることを改めて感じました。

開場と同時にSIGMA製品のお貸し出しを開始しましたが、やはりdp0 Quattroのご要望が多く、ご用意した台数があっという間に貸し出されてしまいました。お貸し出し時間を予め30分とさせていただきましたので、お待ちの方には順次お声がけさせていただきましたが、dp0 Quattroを十分にお試しいただけましたでしょうか。


会場内ではdp Quattroの各シリーズを展示しており、すべてお手にとってご覧いただけます。一番人気はもちろんdp0。たくさんの方が代わる代わる手にとって、ご自身の目でその写りや感触を確かめられていました。


dp Quattroを分解したパーツディスプレイにも常に人だかりが出来ていました。使用されているパーツを極小ビス1本に至るまですべて並べて展示しており、レンズは全4種類のレンズ構成を実物でご覧いただけます。普段まずお目にかかれないものだけに、みなさん興味深くご覧になられていました。


午前11時、シグマ代表取締役社長 山木和人によるプレゼンテーションが始まりました。dp0 Quattroのレンズにかけた想いや技術的な説明、開発秘話、さらにはここだけのオフレコな話まで、リラックスした雰囲気の中でお話しさせていただきました。また先日発表した交換レンズ、SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Artについても触れています。質疑応答のコーナーではなかなか鋭いご質問が相次ぎ、山木が思わず答えに詰まる場面も。大いに盛り上がりました。

dp0 Quattroは単品の他、LCDビューファインダー(LVF-01)をバンドルしたキットも同時に発売いたします。このLCDビューファインダーは一見、単純な構造のように見えますが、高精度なパーツや上質な素材を使用しており、これがあると撮影の幅がさらに広がります。特にdp0 Quattroのような超広角レンズではきっとお役に立つと思います。別々にお買い求めいただくよりもお手頃な価格設定といたしましたので、まだお持ちでない方はこの機会に是非ご検討ください。


会場ではTシャツやマグカップなど、SIGMAオリジナルグッズの販売も行っております。グッズをお買い上げいただいたお客様には、抽選でSIGMAオリジナルルーペが当たる特典が(各会場10名様)。これはSIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sportsで使用しているレンズ2枚を組み合わせて作ったもので、もちろん非売品。当選された方、おめでとうございました。

東京会場へは多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回は全国4カ所での開催とさせていただきましたが、お越しになれない方へ会場の雰囲気を少しでもお伝えすることが出来ましたら幸いです。また、名古屋、大阪、福岡の近くにお住まいの方は是非とも足をお運びくださいますよう、心よりお待ち申し上げております。

SIGMA dp0 Quattro スペシャルコンテンツ

return to top